【バンコクを知る本-1】

バンコクの本
・次のページ

・タイ語の本

・タイのガイドブック

・タイマッサージの本

・タイのノニ石鹸

・タイのトムヤムクン

・サワディー・タイランド
(私の見たタイ)

・タイ・バンコクで単身赴任ですタイ!


【バンコクを知る本〜人気ベスト5】

1)歩くバンコク [歩くシリーズ]歩くバンコク [歩くシリーズ]

メディアポルタ 刊
発売日 2006-08-21
価格:¥950(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




バンコク在住者が最も頼りにする地図帳兼レストランガイド 2006-09-24
「歩くバンコク」はタイの日本人社会で絶大な人気を誇る無料情報誌「DACO」が取材、編集しているので、地図の正確さ、掲載されている店の情報の正確さには定評が有ります。地下鉄とBTSの駅毎にページが組まれていますし、薄いので、旅行者にとっても利用し易く、バンコク市内だけを動くのなら、「地球の歩き方」よりずっと役に立ちますよ!


歩くバンコク 2006年〜2007年版 2006-09-13
やっと出た!歩くバンコク 2006年〜2007年版ですね。
来月バンコク市内を歩くので必須アイテムです。
マッサージやエステは地元の方よりも観光客向けで
値段の高いところばかり載ってて残念。
折角物価は日本に比べてお得なバンコクなので
次は「安くてお得なバンコク」の情報ももっと載せて欲しいです。
地下鉄とBTSの駅周辺MAPが見やすいですね。
9月初めの時点では、あまり発売されていなくて
手に入りづらかったので、欲しい方は売ってる時に
買いだと思います。

さらに詳しい情報はコチラ≫



2)中年オヤジのバンコク旅行術中年オヤジのバンコク旅行術
松木 昭三
データハウス 刊
発売日 2005-11
価格:¥1,470(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★




大変役に立ちました 2006-09-10
初めてバンコクの旅行や夜遊びに行く者にとって、大変に参考になる一冊です。各風俗店の情報は少ないけれど、それはインターネットや別の本(「バンコク夜遊びガイド」を推薦します)で得ることができます。この本は旅行全体を成功するためのノウハウがあります。
少なくとも読んでからバンコクに行かれることを推薦します。
著者に一言。大変にありがとうございました。

バンコク旅行必携の書として推薦する。 2006-05-12
GW連休にこの本持ってバンコクに行って来た。この本のガイドに従って夜の冒険旅行にデビューした。以前バンコクには行ったことがあるが、この本のおかげで夜の世界でもぼられることなくリズナブルに堪能できた。昼の世界もツアーの案内とは違う所にも自分1人で行けた。旅の通になった気がした。旅が楽しくなった。


さらに詳しい情報はコチラ≫



3)バンコク夜遊びガイド

雄出版 刊
発売日 2005-06
価格:¥1,200(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★




超お得な本です。 2006-09-10
内容は現在(2006年9月)、多少は古くはなっていますが、それはバンコクだから当たり前。でもこの本は、無茶苦茶役に立ちます。バンコクに行くのに欠かせないと言っても過言ではありません。何よりも初心者にとっては「ペイバー」「ショート」「バーピア」って、何のことかわかりませんし、どこにあるのかさっぱりわかりません。でもこの本を一読してからバンコクに行くと、存分にバンコクを楽しむことができます。
夜遊び目的で行くのなら、この一冊は貴重です。「中年オヤジのバンコク旅行術」と共に絶対推薦致します。


さらに詳しい情報はコチラ≫



4)バンコク風俗店ガイドバンコク風俗店ガイド
ゴルゴ内藤
データハウス 刊
発売日 2004-03
価格:¥1,470(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★




バンコクの初・中級者は必携の書 2004-05-19
バンコク風俗の王道であるマッサージパーラーについて事細かに調べあげ、60軒以上に及ぶ全店のデータが掲載されている力作。
メインとなるお店には体験談も併記されていて、まったく行ったことのない人にも店内の様子がよくわかるはずだ。
バンコクのマッサージパーラーではタクシーで乗り付けるとボラれることがあるが、それぞれの店へのアクセス方法が明記されているし、カバー裏には地図が印刷されているから、初心者でもタクシーに頼らず自力で目的のお店へとたどり着けるだろう。
バンコク風俗中級者以上を自認する人も1冊持っていて損はないはず。とにかくいろいろと役に立つ。


さらに詳しい情報はコチラ≫



5)タイ夜の歩き方 バンコク編タイ夜の歩き方 バンコク編

データハウス 刊
発売日 2004-04
価格:¥1,365(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★




ちょっと物足りないかも 2004-05-19
風俗ガイド本てしては先駆者的存在の「夜の歩き方」シリーズのバンコク編。
まだまだこの手の本が少なかった数年前なら満足できただろうが、書籍のみならずインターネットでも気軽に情報が得られるようになった時代には、少々物足りなさを感じることも確かだ。


さらに詳しい情報はコチラ≫



地球の歩き方 ガイドブック D18 バンコク 2006~2007年版地球の歩き方 ガイドブック D18 バンコク 2006~2007年版

ダイヤモンド社 刊
発売日 2006-07-28
価格:¥1,554(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送





さらに詳しい情報はコチラ≫



バンコク迷走バンコク迷走
下川 裕治
双葉社 刊
発売日 2006-07
価格:¥650(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★




旅人というより、生活者に近い視点 2006-10-15
 さすがに“達人”とも呼べるような著者だけあって、旅行者に役立つ情報をメインにしているのではない。
 タイ生活文化を知る目的で、読まれるのが良いだろう。 コラム形式でどこからでも読みやすいが、注釈が全ての章についており、少々煩わしい。
 大使館の章では、タイ人に対する応対に、同じ日本人ながら係員に対して怒りを持つことだろう。 そしてこの応対は、バックパッカーの日本人に対しても向けられるものだ、と知っておくのも旅の基礎知識である。

バンコク旅行のお供にぜひこの一冊を! 2006-08-02
3年前に発売された単行本が加筆訂正されて文庫化されたのをきっかけに購入し、行きつけの喫茶店で一気呵成に読了し、最高に至福の時を過ごすことができた。ところでこの本の内容を一言で言い表すならば「下川式最新版バンコク交友録」なのだと思う。著者のタイに関する豊富な知識と体験が思う存分に最新のバンコクを見事なまでに分析している。しかも庶民的に。ぜひこの本をきっかけにタイを訪れる人がひとりでも多く増えることを願ってやまない。最後に、この本は著者のこれまでの著作の中でもベスト5に入ると思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫



バンコクに惑うバンコクに惑う
下川 裕治
双葉社 刊
発売日 1998-05
価格:¥480(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




タイの暗さ 2005-11-06
1994年に出た単行本の文庫化。内容の校訂のほか、各章の間に挟まれる短いコラムがすべて書きかえられている。
 わりと暗い話が多い。売春、賄賂、渋滞、大気汚染、ポル・ポト派など。長年タイに暮らして、その国の裏側に精通した著者ならではの話題ばかりだ。そして売春婦が多いのも、役人が常に賄賂を要求することも、タイの文化の特徴なのだからと、あきらめ半分で語っている。
 しかし、著者のタイへの愛があるから救われる。タイの人々に向ける視線は温かく、ほっとする。

参考になります。 2005-05-16
タイに関する第一人者の本で参考になります。が、初版が10年以上前の本ですので、タイはものすごいスピードで発展しているので、情報が古いかも・・・


さらに詳しい情報はコチラ≫




・次のページ