【バンコクを知る本-3】

バンコクの本
・前のページ
・次のページ

・タイ語の本

・タイのガイドブック

・タイマッサージの本

・タイのノニ石鹸

・タイのトムヤムクン

・サワディー・タイランド
(私の見たタイ)

・タイ・バンコクで単身赴任ですタイ!


バンコクジャパニーズ列伝―いろいろあってバンコクにいますバンコクジャパニーズ列伝―いろいろあってバンコクにいます
皿井 タレー
双葉社 刊
発売日 2005-11
価格:¥1,575(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★




「人生にはいろいろな選択がある」としみじみ思う。 2006-04-21
「バンジャパ」なる言葉、予想はできるがへんてこな言葉だな。その言葉どおりバンコクに流れ着いた日本人の人生解毒波止場。ここバンコクでスパークする幾多の日本人の煩悩の塊があちらこちらからこぼれ、ディープな魅力満載である。ちなみに私が気に入ったのは「夜のハッスルスポットを実況中継する男」と「教養あふれるハードゲイ」「死体求めて三千里」なのだが、このタイトルだけ見てもおおよそありあまる負のエネルギーを感じることができるだろう。これは「アジアン・ジャパニーズ」よりもいいですよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫



歩くバンコク〈2005年~2006年版〉歩くバンコク〈2005年~2006年版〉

ゼネラルプレス 刊
発売日 2005-08
価格:¥950(税込)
オススメ度:★★★★




カオサン通りのゲストハウスが全部載ってる 2006-04-30
カオサンロードの詳細マップに、安宿・ゲストハウス(GH)・ホテルがちゃんと載っているのでch2に行くのに迷いませんでした。おすすめです。

最強のバンコク市内ガイドブック 2005-10-22
DACO編集部が毎年発行しているガイドブックです。バンコク市内を歩き
回ったりするのに詳しい地図などが多く、かつ、行きたい所に簡単に行ける、
というとても便利なガイドブックです。オールカラーで街中を歩くならば
これに勝るガイドブックはありません。私も昨年の号はバンコクで本がボロ
ボロになるまで活用していました。昨年の号よりデータなどかなり更新され
ているので昨年度の号をお持ちの方にもお勧めいたします。最高に便利です。


さらに詳しい情報はコチラ≫



年金・月21万円の海外暮らし〈1〉ハワイ・バンコク・ペナン年金・月21万円の海外暮らし〈1〉ハワイ・バンコク・ペナン
立道 和子
文藝春秋 刊
発売日 2005-03
価格:¥550(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送





さらに詳しい情報はコチラ≫



ネットで見つけた!バンコクのツボネットで見つけた!バンコクのツボ

ゴマブックス 刊
発売日 2006-04
価格:¥1,000(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★




凄い情報ですね 2006-05-04
帯に「行った人だからこそ書けるその街のツボ」と書いてある。
ホテルなんかは確かに他紙とは違い宿泊者が実際に宿泊した感想が
書かれているので参考になりそうだ。

金額が1000円のわりに中の写真は白黒だ。
だから折角の宿泊者のリアルな情報が白黒では反映されない気がする。
出来るならカラーにして欲しかった。でも情報誌としては合格点だと
私は思う。



さらに詳しい情報はコチラ≫



バンコク下町暮らしバンコク下町暮らし
下川 裕治
徳間書店 刊
発売日 1998-08
価格:¥520(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




バンコクの幼稚園に娘を通わせる 2005-05-25
1995年に出た『バンコク子連れ留学』の文庫化。最終章が書き加えられている。
タイに関する書物を量産している著者が、1992-93年にかけて、バンコクに家族で暮らした記録。自身と妻はタイ語学校に通い、幼い娘二人は地域の幼稚園に通うという、親子での留学日記のようなものになっている。
 幼稚園に通うといっても、普通の在タイ日本人とは違い、インターナショナルスクールとか日本人学校に入園するわけではない。近所にあるタイ人ばかりの幼稚園に行かせている。日本の幼稚園とは明らかに異なる部分が多いが、でも、なかなか素敵なところのようだ。著者の娘たちが幸せそうに描かれている。
 それにしても、著者のタイへの理解の深さには驚かされる。雇い入れたお手伝いさんとの関係、混乱したバス事情への洞察など、鋭いものがある。

バンコクに魅せられて。 2004-08-29
私は先日タイに1週間ほど滞在し、そして帰国後この作品を購入しました。楽しく読むことができました。旅行で滞在するだけでも「あーわかるわかる」と思うような内容がありタイでの思い出を懐かしく思い出しました。
私は来年1月ごろから数ヶ月タイでタイ語を学ぶ予定ですので作者が実際に経験し、この作品に記したことが参考になればと思っています。ただ私の、タイをよく知る友人はこの作品には不満なようで、彼の経験したタイとはかなり印象が違うようです。
私はこういった作品は小説として読むので内容が事実かどうかは気になりませんが、好きになれない人もいるということだけはここに記しておきます。
タイへ行ったことがなく、これからどこかに旅行に行こうと思っている人はこの作品を読んで、期待に胸を膨らませてタイへ行ってみて下さい。楽しいですよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫



バンコク直送本

ぷれすアルファ 刊
発売日 2002-07
価格:¥1,575(税込)





さらに詳しい情報はコチラ≫


無敵のバンコク―イラストレイテッド無敵のバンコク―イラストレイテッド
まのとのま
アスペクト 刊
発売日 2000-07
価格:¥1,575(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




楽しい本です! 2003-08-04
 バンコクによく行くので、情報としては知っていることが多いのですが
絵がとても楽しくて、「そうそう、そうなんだよね!」なんて思いながら
見入ってしまう本です。この本を見ているとバンコクの街の楽しさが、まだ
行ったことの無い人にも伝わるのではないでしょうか?

ぞうさんが愛しい 2002-11-27
旅行ガイドというよりも、
行ったことがない国を楽しむ読み物として見るのにオススメ。
視点に愛があるので、読んでてほんわかできます。
特に、違うぞうさんにバナナをとられちゃう、
ぞうさんのまんがが可愛いくって、切なくなります。


さらに詳しい情報はコチラ≫



新・バンコク探検新・バンコク探検
下川 裕治
双葉社 刊
発売日 2000-05
価格:¥530(税込)
オススメ度:★★★★




それでもやっぱりタイが好き 2003-12-04
下川裕治さんはやっぱりタイが好きなんだな、と嬉しくなってしまう。
元祖、下川ネタとでも言うべき「バス」ネタに新たにBTSが加わった。
その他にも食べ物、街造り、交通、ダメ政府についてなど、
毒づきながらも愛情いっぱいに、
面白おかしくリアルなタイを紹介してくれる。
昔からのタイを知っている人はもちろん、
今のタイしか知らない人にも充分に楽しめる一冊。

はちゃめちゃバンコク 2001-11-15
タイは1回しか行ったことがなかったけど、この本をぶっ飛んでるバンコクやタイ人の魅力に取りつかれたような気がしました。またバンコクへ行こうという思いになる一冊です。バンコクの交通事情は笑いが絶えません。


さらに詳しい情報はコチラ≫




・前のページ
・次のページ