<世界3大スープの1つ、タイのトムヤムクン>




・トムヤムクン-2

・トムヤムクン 前のページ

・タイ特集

・タイ語の本

・タイのガイドブック

・タイマッサージの本

・バンコクを知る本

・バンコクの特選土産

・サワディー・タイランド
(私の見たタイ)

タイ・リンク1
・ホテル&トラヘ゛ル
・旅行記
・タイ料理
・タイマッサーシ゛
タイ・リンク2
・タイ情報-1
タイ・リンク3
・タイ情報-2
・タイ雑貨&製品
・タイ語&タイタ゛ンス
・留学&ロンク゛ステイ
・携帯&国際電話
リンク4

とびっきり辛くて酸っぱいけれど一度食べたら忘れられない味。
それが世界三大スープのひとつである「トムヤムクン」です。
本場のタイの食材と香辛料をふんだんに使用して辛味、酸味、旨みを
ひとつのスープにぎゅっと凝縮。タイ独特の味と風味が楽しめます。


タイ式トムヤムクンヌードルタイ式トムヤムクンヌードル
タイ式トムヤムクンヌードル 世界3大スープトムヤムクンで味わうヌードル♪ タイの屋台の定番。センレク(幅広米麺)とタイハーブが入った辛口スープで簡単に本場タイの味が楽しめます。お召し上がり方:1.30℃〜40℃のお湯でライスヌードルを約20分戻す。2.約600mlのお湯を沸かし、スープ(銀色大袋)とペースト(透明小袋)、ナンプラー(銀色小袋)2袋を入れ約1分煮込みます。3.沸騰したお湯で、戻しておいた面を約1〜2分お好みの硬さにゆでます。4.器にとりわけ、スープを入れて更に残りのナンプラーを入れて出来上がり。 タイの屋台の定番。センレク(幅広米麺)とタイハーブが入った辛口スープで簡単に本場タイの味が楽しめます。 お召し上がり方:1.30℃〜40℃のお湯でライスヌードルを約20分戻す。2.約600mlのお湯を沸かし、スープ(銀色大袋)とペースト(透明小袋)、ナンプラー(銀色小袋)2袋を入れ約1分煮込みます。3.沸騰したお湯で、戻しておいた面を約1〜2分お好みの硬さにゆでます。4.器にとりわけ、スープを入れて更に残りのナンプラーを入れて出来上がり。原材料名:米粉、魚醤、チリオイル、ナンプラーパウダー、マッシュルーム、海老、レモンパウダー、ココナッツパウダー、砂糖、チリ、塩、コリアンダーリーフ、カフェアライムリーフ、調味料(アミノ酸等)内容量:250g 原産地:タイ

さらに詳しい情報はコチラ≫


【カルバドス】手作りトムヤムクンセット(80g×2) 【カルバドス】手作りトムヤムクンセット(80g×2)
本場タイのトムヤムクンです。 唐辛子の辛味とレモングラスの酸味の絶妙なマッチングがたまりません! 品名 トムヤムクンセット(80g×2) 原材料 トムヤムクンペースト(食塩、砂糖、大豆油、レモングラス、唐辛子、たまねぎ、にんにく、タマリンド、ガランガー、レモン果汁、調味料(アミノ酸、クエン酸、)、チリインオイル(大豆油、砂糖、タマネギ、ニンニク、タマリンド、唐辛子、えびペースト、干しえび、食塩)、ドライスパイスセット(レモングラス、ガランガー、唐辛子、カフィアライムリーフ)、ナンプラー(魚介類、食塩、砂糖)

さらに詳しい情報はコチラ≫


[アジアン]世界3大スープの1つ!トムヤムペースト(トムヤムクンの素)454g(業務用にも)[アジアン]世界3大スープの1つ!トムヤムペースト(トムヤムクンの素)454g(業務用にも)
世界3大スープの一つ。タイの代表的なスープ、トムヤムクン。 唐辛子の辛さとレモンの酸味が特徴。 海老や肉類、ふくろ茸をスープ具材にして、ココナッツミルク、チリインソース、ナンプラーなどで味を調えます。 酸っぱくて辛〜い!トムヤムクン 一度飲むと、とりこになられる方が多いのでご注意を♪ ■トムヤムクン:簡単レシピ4人前 【材料】:トムヤムペースト約30g、有頭海老8尾、ふくろ茸の缶詰、鶏ガラスープ(または水)4cup、チリーインオイル 適量、   フレッシュレモンジュース 大さじ2、ナムプラ 大さじ2、砂糖 少々、えびは頭と尾を残して殻をむき背わたを取ります。 鍋に鶏ガラスープを入れ、沸騰したらトムヤムペースト、チリーインオイル、をいれて中火で2分程煮ます。 香りが出てきたら有頭えびとふくろ茸を入れ、フレッシュレモンジュース、ナムプラ、砂糖、で味を整えて出来上がり。タイ料理といえば、トムヤムクン! ■原産国:タイ ■内容量:454g ■原材料:レモングラス、カフィアライムリーフ、ガランガー、植物油、チリ、食塩、砂糖、にんにく、アミノ酸、クエン酸 ■お湯に溶かしてお使いください。 ■賞味期限:容器に記載

さらに詳しい情報はコチラ≫


タイ トムヤムクン 6カップセット【016-524】タイ トムヤムクン 6カップセット【016-524】
■30g×6カップ■1カップ:直径12.3×高さ7cm一度食べたらやみつきになる、酸味と辛さが人気のスープ。本場の味覚がお湯を注ぐだけで手軽に楽しめます。

さらに詳しい情報はコチラ≫


・前のページ